石川県の蕎麦

石川県の蕎麦

草庵の十割蕎麦は粗挽きと田舎の二種類がありますが粗挽き十割は絶品です

草庵といえば石川県では常に人気上位の名店で、ミシュランガイドにも掲載されているすてきなお蕎麦屋さんです。 草庵には十割蕎麦がありますが数量限定です。とくに「粗挽き(あらびき)」は一日限定10食というレアな十割蕎麦です。もしも、十割粗挽...
石川県の蕎麦

そば処くらみつは石臼手挽きの二八蕎麦(細麺)と十割蕎麦(太麺)がある

「津幡町倉見ツ」にある「そば処くらみつ」。たぶん、地名を店名にしてますね。こーゆーわかりやすいの好きです(笑) 追記:くらみつの名前の由来は「倉見ツ」ではなく「倉見」で女性二人がやっているので「2(ツー)」という意味をこめたそ...
石川県の蕎麦

女性に人気な理由がわかります、卯蕎(うきょう)は料理も接客もすばらしい

全国的な蕎麦雑誌などメディアでの露出が多いお蕎麦屋さん、卯蕎(うきょう)に行ってきました。場所は卯辰山中腹にあります。金沢で人気の観光名所「ひがし茶屋街」から卯辰神社横を山手に300メーターほど登って行くこともできます。坂を登るので相当きつ...
石川県の蕎麦

手挽き石臼の粗挽き玄そばが新メニューになった蕎麦処けんち

蕎麦処けんちのメニューに「粗挽き玄そば」が追加になりました。なかなかの逸品です。実は昨日も食べたのですが気になって今日また食べに来ました。二日連続で同じ蕎麦を食べるというのもなかなかオツなものです。 今日はこれまでの蕎麦と比較...
石川県の蕎麦

穂乃香の蕎麦は福井県今庄の蕎麦を使った九割蕎麦

2016年2月に金沢市の森本エリアにオープンした穂乃香(ほのか)という蕎麦屋さんに行ってきました。店舗は100年以上も前の大きな建物で、古民家をリノベーションした味ある室礼になっています。 福井県今庄の蕎麦原料を使った九割蕎麦...
石川県の蕎麦

蕎麦やまぎしは2016年春に金沢駅前から白山市(旧鳥越村)の山奥に移転しましたが粗挽き十割そばは健在でした

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 箸より太い粗挽き十割の田舎蕎麦は健在でした。これまで金沢駅前にあった蕎麦やまぎしは、2016年春に店主のご実家である白山市左礫町(旧鳥越...
石川県の蕎麦

手打蕎麦じょんがらは十割そばだけの蕎麦屋になっていました

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 久しぶりに手打蕎麦じょんがらに来ました。じょんがらは「箸より太い手打ち蕎麦」で有名な蕎麦屋さんです。メインの「粗挽き十割そば」を...
石川県の蕎麦

しん馬の粗挽き十割は土日限定、強烈な蕎麦の香りと太さがうれしい蕎麦でした

しん馬の粗挽き十割そば この粗挽き十割蕎麦は土日限定です。今日はGW(ゴールデンウィーク)中ということだったので、平日でしたがいただくことができました。いい蕎麦です。太さといい、固さといい、強烈な蕎麦の香りといい、太くて固い田...
石川県の蕎麦

金沢武蔵ヶ辻界隈で冷たいおろし蕎麦を食べるなら手打蕎麦むさし坊で

久しぶりに来ましたがやはりおいしい蕎麦でした。金沢市武蔵ヶ辻交差点から金沢駅方面に数分歩いた大通り沿いにある「むさし坊」です。マチナカなので車だと行きにくいのですが今日は徒歩で来ました。 注文したのは、おろし蕎麦大盛りです。鰹...
石川県の蕎麦

手挽き石臼を使い手で蕎麦粉を挽く理由は心を込められるから…蕎麦処けんち

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 石臼手挽きで打つお蕎麦屋さんが2015年春オープンしました。蕎麦処けんちです。福井県奥越(大野勝山)産の玄そばを取り寄せ、ご主人みずから...
石川県の蕎麦

そば処 浄楽さんは田舎蕎麦ランチの人気が絶大、石臼手挽きで粗挽き蕎麦が絶品です

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 数少ない石臼挽き自家製粉、しかも電動ではなく手挽き石臼でそば粉を挽くというこだわりようです。手挽きでしか味わえないという独特のプリプ...
石川県の蕎麦

宮川の蕎麦は細打ちと太打ちでそば粉を変えていました

宮川は石川県を代表する十割そばの名店です。いつ行っても満席の繁盛店で今日も多数のお客様が開店時間前の11時ころから訪れていました。 今日は、細打ちのざると太打ちのおろしの二種類をオーダーしました。基本的に粗挽き太打ち系の蕎麦が...
石川県の蕎麦

「純そば」は輪島やぶ本店の坂口さんが再開した十割蕎麦の店

輪島の手打ちそばとして名を馳せた輪島やぶ本店が閉店したのは残念でした。 しかし、その店主の坂口さんが「純そば」という蕎麦だけの店を出しています。当初は週末のみ営業だったのと20食売り切れまでという営業スタイルなので、なかなか食すことが...
石川県の蕎麦

小幸の今年の蕎麦は福井県産ではない

小幸さんは石川県内で十割蕎麦のみを提供する数少ない本格的なお蕎麦屋さんです。蕎麦を丸抜きで仕入れて自家製粉して十割そばを打つというこだわりようです。 さて、今年の蕎麦は福井県産ではないです。残念です。福井県産の蕎麦を使った十割そば...
石川県の蕎麦

山猫のおろしそばは手挽き十割粗挽き、蕎麦そのものを感じたい人にぴったりの蕎麦です

山猫は白山のふもと瀬女スキー場の近くにある蕎麦屋さんです。白山そば街道といわれるくらい蕎麦の名店があるエリアですが、とくに山猫は際立っています。なにが...というと蕎麦へのこだわりですね。 山猫さんの玄関にはこんな張り紙が...
石川県の蕎麦

浄楽(じょうらく)の手打ちそばは石臼手挽きだから独特の透明感とプリプリ感があります

羽咋市の五重塔すぎ近くにある浄楽(じょうらく)というお蕎麦屋さんは、石臼挽きの手打ちそばを出しています。この浄楽で手打ちそばをいただきました。二八の粗挽きで「田舎そば」というメニュー名になっています。香りも食感もすばらしいお蕎麦でし...
石川県の蕎麦

一休そばは粗挽き外一の味わいある手打ちそばです

石川県中能登町の能登二宮駅前のすぐ近くの住宅街の一角に蕎麦一休という蕎麦屋があります。蕎麦教室も行っていて人気の蕎麦屋さんだという噂を聞いて初めて来てみました。 店頭には「石臼挽き十割手打ちそば」と表示されています。店内に入っ...
石川県の蕎麦

11月は半分だけ新そば

11月ともなると蕎麦屋の店頭では「新そば」のポップが目立つようになります。しかし、この時期の新そばは北海道産か内地でも早刈り蕎麦です。これらの新そばはフレッシュさはありますが、濃厚な蕎麦の旨みや香りが物足りない傾向があります。 ...
石川県の蕎麦

新そばの季節が到来

11月も半ばとなり、蕎麦屋さんの店頭でも「新そば」のポップが目立つようになりました。 新そばをあじわうなら太麺の方がいいですね。蕎麦の香りと甘みを噛みしめてたのしめますからね。 今日は金沢市八日市出町のめん工房「野路」で、鳥越産...
石川県の蕎麦

大藪で新そばをいただきました

11月ともなると新そばの声が聞こえてきます。この時期の新そばは本州の秋新がまだ出回っていないので、本州の夏新(早刈り)か北海道の蕎麦でしょう。それでも「新そば」と聞くと蕎麦好きにとってはなんだかうきうきします。今年の蕎麦のできはどうなん...
スポンサーリンク
PAGE TOP